商品先物取引とは?


今現在の価格と比較してみて、将来とうもろこしや金などの農産物や鉱工業材料等の商品価格はどうなるかを予測して売買をする取引のことを主賓先物取引言います。将来の一定日時に、一定の価格で反対売買をする事が必要となって、ガソリンを買ったとしても将来ガソリンが自宅に送られてくるという事では全くありません。


例えば、将来的に価格が上昇すると予測している場合は、値上がり益を狙って 『買い』 取引を行います。そして将来売却します。将来価格が下落すると予測している場合は 『売り』 から取引を始めて、価格が下がったところで 『買い』 取引をする事で 『高値売り、安値買い』 をする事ができ、利益を得ることができる、といういようなシステムになっています。

 

先物取引をするにあたっては、取引所によって定められた一定額の証拠金を納めることが必要となります。そして、その証拠金の額というのが実際の総取引額の1割程度になります。商品先物の対象銘柄(つまり商品)は各法定商品取引所において、上場している銘柄のみですので、十分に気をつけてください。また、商品先物取引では元本が保証されていません。この点も注意が必要になります。


 

トップへ

商品先物の取引所と上場銘柄

 

日本国内で、商品先物を取り扱う取引所には以下の4つの法定商品取引所が存在します。

  ◇ 東京工業品取引所
  ◇ 東京穀物商品取引所
  ◇ 関西商品取引所
  ◇ 中部大阪商品取引所


各商品取引所は 『公正な価格形成』、『プライスリスクに対するヘッジ機能』 『資産運用手段』 を提供するといった目的で設立されたものです。上場銘柄は、各商品取引所で異なっておいて、米国マーカンタイルに次いで市場規模の東京工業品取引所では金や銀、または白金、アルミ、原油、ガソリン、灯油やゴムなどがあります。そして、東京穀物商品取引所においてはコーンや一般大豆、NG大豆、小豆や粗糖などが取り扱われています。

 

 

取扱商品先物銘柄について、各商品先物取引会社で異なってきます。口座開設の際には、本人自身が取引をする予定の先物商品の取扱の有無を確認してください。また、商品取引所では価格が異常に乱高下する事のないように、値幅制限して特定の者による価格操作から市場を守る為に、一定の取引数量を超えるといくら資金があっても取引を認められない事がありますので、ご了承ください。

 

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2018/4/16

 

トップへ



Copyright(C) 成功者が語る先物取引. All Rights Reserved. 

"

TOPIC

 

HOME

 

商品先物取引とは?

 

商品先物取引の基礎

 

商品先物取引会社の賢い選び方

 

商品先物取引で成功するヒント