商品先物取引の基礎

 

商品先物取引の基礎

 

 商品先物取引というのは、将来の一定時期に契約時に決めた品物の品質や代金で商品の受渡決済をする取引のことを言います。つまり、受渡日までにどんな価格変動があったとしても、契約時の条件で取引されます。

 

 上記をもう少しだけ解りやすく説明します。例えばですが “金” 皆さんご存知の様に “金” は商品先物取引の代表的な商品です。全世界の何処かで24時間休みなしに、現物市場や商品先物市場で取引されています。その “金” が今現在では、1g当り2200円で取引きされていたとします。するとAさんは1年後に1g当り2600円に上昇すると考えます。Bさんはいや、そうじゃなく、1800円まで下落すると考えたとします。

 

 Aは現在1g当り2200円で買う契約をします。買うと言ったからには、実際に品物をもらわなくてはいけないのですが、金1gの現物商品は1年後に受け取る条件にします。ただし “金” は、商品先物市場を運営してる国の公設機関である東京工業品引所で毎日取引されています。なので、1年先と言わずに3ヶ月先でも、また半年先でも、それこそ1週間先でもいつでも売ったり取引を終了する事が出ようになっているわけです。

 

2600円上昇した場合は金1gの現物をもらわずに、差額の400円(これが実際の儲け額になります)を受け取ります。そして、取引を終える差金決済、又は、契約時の条件価格で1年後に現物商品を受け取る受渡決済、この2通りのやり方で取引ができます。

 

 Bさんは現在1g当り2200円で売る契約をしています。売るというからには現物品を相手に渡さす必要があります。しかし、この場合は1年後に渡す条件になりました。しかし予想に反して値段がどんどん上がると損が増えてしまうので、商品先物市場を運営してる国の公設機関である東京工業品引所で買い戻し注文を出し取引を終了してしまいます。

 

2600円上昇した場合は金1gの現物商品を渡さないで、差額の400円(これが実際に損した額になります)を出して取引を終える差金決済と1年後に現物商品を渡す受渡決済、この2通りのやり方で取引ができます。

 

 実は商品先物取引に参加する人の95%以上が差金決済を利用しています。これは、いわゆる現物を伴わない損益の差額を清算して終了するやり方です。なぜ、この取引の仕方が多く利用されているのかと言うと、商品先物取引を資産運用の場と考えている人が圧倒的に多いからでしょう。

 

 ポイント
相場上昇を予想した際には、 新規買い → 仕切売りをそ、相場下落を予想した際には、 空 売 り  →  買い戻しをします。


Valuable information

2018/2/16 更新

トップへ



Copyright(C) 成功者が語る先物取引. All Rights Reserved. 

"

TOPIC

 

HOME

 

商品先物取引とは?

 

商品先物取引の基礎

 

商品先物取引会社の賢い選び方

 

商品先物取引で成功するヒント