商品先物取引で成功するヒント

 

このページでは、商品先物取引をする上でどのような売買をして行けば、利益を上げる事が可能かを紹介していきます。どの物事に対しても言えるのですが、ヒントというのは失敗例から学ぶ事が多くあります。

 

商品先物取引をする際の敗因と、その解決策

 

1. 一回一度に大量の取引を行うこと。

 → 初めて挑戦する人は、最初から大きな取引はせずに、約3ヶ月間は習熟期間として相場の勉強をします。それと同時に取引をしたり、又は預託金の30%で建ち玉をしたりするなど、最初からルールを決めておくことが重要でしょう。



2. 利食いは早くても、因果玉を損切る事がなかなか出来ないこと。

 → 利食いは、人それぞれでその人の裁量で判断していきますが、損切りも早めにします。例えば追証が発生す分岐点は本証拠金の50%を損計算が上回った際に、実際追証が発生した時点で、建玉証拠金の70%以上が損であったり、又はストップ安になっていれば、足(預かっている資金以のマイナス)になる事も可能性としてあるので、損切りをする水準を本証拠金の40パーセントに決めておいて、ストップロスなど、逆指値注文を出すようにします。



3. 追証や両建て、またはナンピンなどのメリット、デメリットが頭の中で整理されてないこと。

 → 追証は基本的にかけないようにします。また、両建てをする場合も本証拠金の40%未満でするようにします。



4. 値動きや情報を営業マンに頼り過ぎていたり、また値動きに無頓着であったりすること。

 → せめて前場1回、または後場1回位は自分自身で値段がチェック出来る環境が必要で、現在では携帯電話でも値段を見る事が可能になっています。現在は、機関投資家だけでなく個人投資家の間でも、デイトレードが可能な自動売買(完全自動売買システムトレードでデイトレードもスムーズに!)の利用が一般的になっています。



5. 営業マンの勧められるままに、取引した結果、損をしてしまった。

 → 明らかに営業マンとのコミュニケーション不足です、解らない事は、納得が行くまで質問する。



6. またはその逆で、アドバイザーのアドバイスが無さ過ぎて、仕切るタイミングを逃すこと。

 → 営業マンが良いか悪いかはお客様との相性もあるため、場合によったら、担当を替えてもらう事も可能、もしそれすら渋るような会社であればすぐに、会社を変えるべき。

 

 

他にも色々と敗因は有りますが、大体こんな感じではないかと思います。つまりは、場当たり的に相場を張ってしまうのではなくて、取引をする前に入念に営業マンと決め事やルールを確認しておく事がポイントです。しかしながら、余程強い意志を持ってないと相場の雰囲気に飲まれてしまって、成功するヒントは失敗の中に落ちていくばかりです。

 

トップへ

天候


商品先物には、『天候相場』 という用語があります。これは、とりわけ大豆や小豆やコーン、またはコーヒーなどの穀物商品のことで、それぞれの主産地の天候が大きく影響し、相場を動かす重大な要因になる時期があります。 大豆やコーンの場合では、世界の供給元が米国の中西部であるという特性からか、生育期にこの地域で旱魃(かんばつ)や少雨、また寒冷が続くと不作が予想されます。そしてそれらが直接的に相場を高騰させる要因になるのです。


かつては北海道の十勝地方の天候が重大な影響をもたらす赤いダイヤ(小豆)と言われた産物物がありますが、今は 『品種改良のおかげで不作にならない』 と嘆く投機家もいるくらい、天候に左右されない商品になってきています。

 

トップへ

 

 

時事・ニュース


ガソリンや灯油、そして原油などは、国際情勢とりわけ中東地域での紛争や緊張が影響して、米国がイランの核開発を巡って 『国連に制裁決議…』 といったニュースにも敏感に反応します。 『中国の原油やLNG輸入量が増加…』 は需要増で値上り要因にもなっています。これらは経済指標を傾向的に把握する必要のある商品と言えるでしょう。 『金』 もインドや中国の富裕化で需要が増勢しています。これらは大半が輸入物資になるので、円ドル相場の傾向もつかんでおかなければならないでしょう。

 

recommend

ハウススタジオ

最終更新日:2018/2/16

トップへ



Copyright(C) 成功者が語る先物取引. All Rights Reserved. 

"

TOPIC

 

HOME

 

商品先物取引とは?

 

商品先物取引の基礎

 

商品先物取引会社の賢い選び方

 

商品先物取引で成功するヒント