商品先物会社の賢い選び方

 

商品や手数料で選ぶ

 

商品先物には多くの 『銘柄』 がありますが、外国為替証拠金取引は純粋な先物ではありません。しかし、金の先物やプラチナの先物、またはアルミやガソリン、灯油やゴムなどは東京工業品取引所を通じ取引されています。そして、大豆、コーヒー、コーン、粗糖などは東京穀物商品取引所などで取引されています。


取引所によって扱う商品は違ってきますが、投資家が取引の注文を出すのは、商品先物取引を扱う業者になります。なので、投資家が口座を開いた業者が該当商品を扱っているのであれば、投資家はその商品に対し、買い注文または売り注文を出す事が可能になります。 このために、まずは、どの商品(つまり銘柄)を選ぶか?というのが重要なポイントになってきます。


身近な商品であればあるほど、どういう状況の時に値上りするのか、値下がりするのというのがわかりやすくなっているのです。
東穀取の場合は、例えばコーヒーには “アラビカコーヒーの先物” や “ロブスターコーヒーの先物” の2銘柄があって煩雑なように思えますが、値動きとして見てみると、アラビカ先物がロブスター先物に比べて数百円高い値をつけています。中期的には両方ともほぼ連動した値動きを見せると予想できます。

 

手数料は、同じ商取会社でも『対面取引』担当の営業マンに注文を出す古典的な取引と、その他にも『ネット取引』(ネット口座を開きインターネット画面で行なう取引)では、格段にネット取引が安くなっています。またネット取引でも各社によって差が出てきますので要チェック項目になります。

 

トップへ

 

 

ネットでの決済ができる業者にする


インターネットを通し、ビジネスや売買するネット取引の魅力といえば、まず『売買手数料の安さ』でしょう。担当の営業マンを通す対面取引に比べ、手数料率が約半分、または3分の1以下という商取会社が多くあることをご存知でしょうか。もちろん、対面取引にも良さはあります。例えば、機敏な助言や情報が直接得られることや、売買の決断に迷った際にはポンと背中を押してくれる、といった親身さなどが、手数料という形でコストになっていくと言えるでしょう。


ただ、あえて言うならば、この親身さが 『重荷』になる事があるのも事実です。例えば、「年に1度の好機なので、みんなの力を合わせてもっと張りましょう!(または買いましょう、あるいは売りましょう)」とか、「今しばらくは踏ん張りどころです!買い増して少しの間の辛抱しましょう」などと言われてしまうと、見栄や強がりが出てしまいつい予算オーバー、そして貯金を取り崩してまで投資しがちになってしまいます。それが人間の性質なのでしょう。


また、儲けたお金を引き出そうという際に “何にお使いですか” “すぐ入用ですか” などといちいち聞かれるのも疲れるものです。こうした点で言えば、ネット取引はキーを押すだけで資金決済も可能ですからとても気軽にできるのです。

インターネットでの取引といえば、FXが有名ではないでしょうか。FXをはじめる際に講座開設を行うと思いますが、この際の業者選びが重要になってきます。投資スタイルや収益で重視したい点でよさそうな業者を数社選び、比較してみるといいでしょう。ランキングサイトなどを活用しましょう。賢いFX比較でしっかり利益を得てください。


Favorite

Last update:2018/4/27

 

トップへ



Copyright(C) 成功者が語る先物取引. All Rights Reserved. 

"

TOPIC

 

HOME

 

商品先物取引とは?

 

商品先物取引の基礎

 

商品先物取引会社の賢い選び方

 

商品先物取引で成功するヒント